債務に悩む人は杉山事務所へ相談しよう|的確なアドバイスを受ける

経験と実績があるので安心

笑顔の婦人

家族に特殊な事情が合って、子どもの相続分に差をつけたいと考えるときには、遺言作成を行なうことをおすすめします。遺言作成をしなければ、法律に沿った遺産の分配が行われることから、故人が望まないカタチでの遺産相続が行われてしまうケースが生じてしまうのです。自身の死後、大事な資産が望まないカタチで分配されるのは嫌ですよね。司法書士などのアドバイスを受けながら、きちんと対策をたてるようにしていきましょう。

遺言作成の相談は、司法書士に気軽に相談しましょう。遺言書を個人で作成するのには、いくつかのリスクが生じる可能性がります。その一つが、遺言書をきちんと作成しなかったことが原因となって、家族で揉めてしまうということです。家族のために残した遺産が、逆にトラブルの原因になってしまってはとても悲しいですよね。家族はいつまでも仲良くしてほしいものです。家族のトラブルを避けるためにも、正しい書式での遺言作成を行なうようにしましょう。

司法書士は、不測の事態を想定した遺言作成を行なってくれるので頼りになります。司法書士は、数多くの遺言作成を行なってきた経験と実績を元に不測の事態を想定するので、個人が遺言作成をするよりも自身の意思を実現できる可能性が高い遺言書ができあがると期待できます。

遺言書には、厳格な方式が定められているので、書店に売っている遺言書作成のマニュアル本を元に遺言作成を行なったときには、方式違反として遺言が無効になってしまうケースがあります。専門家へ相談しておけばよかったというようなことにならないよう注意していきましょう。

Copyright © 2016 債務に悩む人は杉山事務所へ相談しよう|的確なアドバイスを受ける All Rights Reserved.